アニメーションエイドってなんですか?

CGアニメーター向け便利なツール紹介6 Maya画面の拡大

こんにちわ、海外でCGアニメーターをやっている若杉(@ryowaks)です。

今回はMayaで使えるとても便利な機能を解説します。裏技というほど、隠れた機能ではないですが、長年Mayaを使っている人でも意外と知らない人も多い機能などあったりしますよね。これは本当に知らなかったら感動するレベルの機能なので、是非読んで頂けると嬉しいです!

ちなみに僕はMayaを触り始めて6年目くらいでこの機能を知って、本気で感動してしまいました。笑


2D pan/zoom

皆さんは、Mayaでアニメーションをやっていて、こんな場面に直面したことが無いですか?

カメラは固定で決まっているので、カメラ自体は動かしたくないけど、表情や指のポーズを作る時に画面を細部まで拡大したい、、、でも拡大しようとすると、どうしてもカメラを動かすしかない、、、

こんな感じで拡大しようとすると、カメラの位置が変わってしまいますね。仕事などでカメラの位置が決まっている場合は、拡大するたびに位置が変わってしまうのは問題ですよね。カメラ自体は触らず、単純に画面だけを拡大縮小したい場合もありますよね。実はカメラの位置を変えずに拡大縮小出来るショートカットがあるんですね。

それがバックスラッシュです。キーボードでいうとこれです!「ろ」

  • バックスラッシュ + 中マウスボタン 平行移動
  • バックスラッシュ + 右マウスボタン 拡大・縮小
  • 動かしたあとに元に戻すには、もう一度バックスラッシュを押すと戻ります
MEMO
感覚でいうと、普段のMayaの画面操作のaltをバックスラッシュに変えたような感覚で画面を動かすと、通常のMayaの画面を動かすときと同じような感覚でカメラを動かす事が出来ます。

こんな感じの事ができるようになります!

MEMO

ちなみに、この機能の事を2D pan/zoomと言います。そして、この2D pan/zoom の機能がオンになっている時には、Mayaの画面の下の部分(HUD)に2D pan/zoomと表示されます。これでオンになっているか、 オフになっているか分かります。

注意
この機能はとても便利ですが、画面上で2D pan/zoomがオンになっているか、オフになっているかだけは気をつけるようにしましょう。オフになっていると思って画角やレイアウトなどを作って、後で実はオンになっていて、元に戻したらレイアウトが変わってしまったみたいな事がたまに起こったりします。

読んで頂いてありがとうございました!少しでもお役に立てていたらシェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です