アニメーションエイドってなんですか?

Mayaの作業激速 ショートカットの入れ方

海外の映画スタジオでCGアニメーターをやっている若杉です。CGアニメーションの勉強やMayaの勉強を始めたばかりの人は、Mayaでショートカットとか使えたら便利だなーとか、ショートカットを使って作業をもっと速く出来るようにしたい!と思ったことはないですか?そういう人の為に、今回はMaya(2018)でのショートカットの入れ方を、誰でも分かるようにとても簡単に説明します。

まずは前提として、Mayaというのは色々なメニューやボタンがあって、それをクリックしたりする事で色々な事が出来るようになっていますよね。ただ、実はそれらは全て裏では”スクリプト”で動いています。つまりそれぞれ直感的に使えるボタンやメニューでも、このスクリプトが割り当てられているわけです。

MEMO
Mayaで使われるスクリプトの事をMELスクリプトと言います。外から入れるスクリプトに関しては、Pythonスクリプトも使えるので、実質的にMayaで使えるスクリプトはMELとPythonです。

そしてひとえにショートカットを入れると言っても、2つのパターンがあります。
一つ目は、「もともとMayaに入ってる機能をショートカットに割り当てる方法」、二つ目は、「Mayaに入っていない機能を外から別のスクリプトとして入れて、ショートカットを割り当てる方法」です。

この2つのやり方について説明していきます。

もともとMayaに入ってる機能をショートカットに割り当てる方法

 

Ⅰ、ショートカットに入れたいにスクリプトを確認する

Mayaを立ち上げて、Windows→Settings/Preferences→Hotkey Editor

Edit Hotkey ForをMenu itemsOther items、もしくは、EditorsでEditorをアニメーションなどにセットします。

ここに登録されているメニューがMayaで使える全ての機能なので、アニメーションを再生や、キーを打つ、グラフエディターを開く、などなどの機能はここから見つける事が出来ます。見つけるのが少し大変な場合もありますが、ここのメニューの階層は、Mayaの普段使っているメニューの階層と同じになっているので、Windowsのメニューに入っている機能は同じくここでもWindowsの中に入っています。

Ⅱ、キーボードのキーを割り当てる

ショートカットを割り当てたい機能をクリックすると、Hotkeyと書かれた部分が入力出来るようになります。(元からデフォルトでショートカットが割り当てられいる場合は、ここの最初からキーボードのキーの名前が入っていますが、上書きすることも出来ます。)

入力出来る状態のまま割り当てたいキーをキーボードで押します。

MEMO
ALT、SHIFT、CTRLも使えます。入力し終わってからというマークが出たら、それはもうすでに他のショートカットが割り当てられている ということです。

上書きしてよければ無視して、
そのまま下のSaveをクリックして終わりです! これで使えるようになります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です