アニメーションエイドってなんですか?

CGアニメーター向けすぐに使えるメモ13(体のつながり)

海外の映画スタジオでCGアニメーターをやっている若杉です。 みなさんは人間の体のそれぞれのパーツの関係性について、どれくらい気をつけていますか? ほとんどの人間の体のパーツは単独では動きません。筋肉や骨、関節によってそれぞれつながっています。

もっと違和感のない人間らしい自然なポーズを作りたい

という人のために、この”体のつながり”をアニメーションにおいて、どうやって活かせるか、僕が普段から気をつけているポイントをいくつか簡単にまとめたいと思います。

*基本的には、眉毛とまぶたが 逆方向に動く事はありません。 眉毛の動きとまぶたの動きに 注意しましょう。ただし、瞬きなど の場合には、まぶたがかなり 単独で動く場合があります。

口角をあげたり、笑った時など、 必ず頬を上げるようにしましょう。 出来たら、下のまぶたも少し 上げるとより自然になります。

頭を一方向へ大きく向かせた 時には、胸も必ず一緒にその 方向へ回しましょう。胸を正面 向いたまま首だけ回すのは 余程意識しないと出来ない ポーズなので、不自然になります。

腕を上げた時には、 肩を上げるのはもちろん ですが、その時同時に胸も 回転させましょう。 下半身もある場合は、 更に腰もバランスを 取るようにして動きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です