アニメーションエイドってなんですか?

初心者ウクレレ講座① まずはチューニング

こんにちわ、海外でCGアニメーターをやっている若杉(@ryowaks)です。

このブログを始めた当初にウクレレの記事書こう!と意気込んでいたのですが、他の記事で忙してなかなか書く時間がありませんでした。でもリクエストしてくださる方も結構いたので、ウクレレについてついに書き始めてみようと思います!


まずはウクレレ紹介

今日はウクレレを買って最初にやりたいことから書いていきます!そもそも何でウクレレなの?という方がいたら、僕の最初の記事、「初心者ウクレレのススメ」を読んでみてください。きっとやってみたくなりますよ。笑

初心者ウクレレのススメ

ちなみにこれが僕が最初に買ったウクレレです!安すぎるかも知れないですが、個人的には全然いい音が出てたと思うので悪くないと思います。

もし、ずっと続ける自信があって、もう少し良い物を、、、という事であれば、

この辺りなら、しっかり使える入門ウクレレとして有名なので安心だったりします。

チューニング

ウクレレを買ってから最初にやった方がいいのが、チューニングです。チューニングというのは、ウクレレの弦の張り具合を調整して、ちゃんと合っている音が出るように変えることです。

チューニングをするには、チューナーというものが必要なのですが、僕の個人的なオススメはアプリです。

なぜアプリをおすすめするかというと、アプリならいつでもスマートフォンから使えるからというのと、機能の豊富さです。

特にこのTunefor Ukuleleというアプリが個人的にオススメです。ウクレレ初めたばかりだと、どの弦がそもそもどの音になればいいのかさえ知らないですよね。このアプリなら、弦の横にそのまま音も書いてあるので(G、C、E、A)、どの弦がどの音になるのかなど覚えなくてもチューニングする出来るからです。

ちなみにそれぞれ4つの弦の名前は、下の絵でいうと左から、4弦、3弦、2弦、1弦と言います。

チューニングのやり方は、シンプルです。アプリを開いたら、ウクレレの弦を順番に弾いていくだけです。例えば、4弦(一番左の弦)であれば、Gと書いてあるので、そこが緑になるように調整すればいいんです。また、4弦を弾いたら勝手にアプリが4弦だと認識してくれるので分かりやすいと思います。

弦を弾いてこうなったら音が高すぎるので、弦の針具合を調整するネジ(ペグと言います)を少し緩めます。

逆に弦を弾いてこうなったら音が低すぎるので、弦の針具合を調整するネジを少し締めます。ぴったり合うと緑色になるので、緑になるまで少しづつ調整します。こんな感じです。

 

注意
本当初心者向けに書きたいのもあるので、一応触れておくと、今回の音を合わせる話でGとかCとかAとか出てきましたよね。これは実はドレミファの英語版です。”ドレミファソラシド=CDEFGABC”となっています。

ちなみにチューニングは最初だけじゃなく毎日弾き始める前にやるようにしましょう!次回からコードをやり始めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です