アニメーションエイドってなんですか?

CGアニメーター向けすぐに使えるメモ11(手について基礎編)

海外の映画スタジオでCGアニメーターをやっている若杉です。みなさん、キャラクターのポーズを作る時に手のポーズにどれくらい気をつけていますか?手というのは、キャラクターの性格や感情を実はとても良く表現出来てしまいます 。今回は、

手のポーズを作るのが苦手

という人の為に良いポーズを作るために普段から考えていることを簡単にまとめてみます。

①曲線を描く

リグをシーンに入れたばかりの状態では、手はとても硬いポーズをしています。曲線をイメージしてポーズを作ると、人間らしい手のポーズが作れます。

②シンプルな形に

複雑な手のポーズを作ると、観客はそのポーズを認識するのに時間がかかってしまいます。複雑なポーズより、なるべくシンプルな形になるように心がけましょう。シルエットやネガティブスペースを意識しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です